お気軽にお問合せください

0120-32-4681

10:00~17:00
(木土日・祝定休)

塩丸イカ 塩丸イカ

古くから信州で愛される郷土食

塩丸いかとは、いかの内臓を取って皮をむき、ゆでて胴の中に塩を詰め込んだものです。冷蔵技術のない昔、海がなく新鮮な魚が手に入りにくかった長野県で食べられる貴重な海産物として愛されてきました。
現在でも、長期保存ができ調理が簡単な郷土食として多くの食卓に上っています。

  • ランキング3

塩丸いか

価格: ¥790 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

商品説明

【原材料名】 いか(ニュージーランド産)
【賞味期限】 20日
【内容量】 2杯(250g)
【栄養成分表示】(100g当たり) エネルギー 90kcal たんぱく質 18.5g 脂質 1.8g 炭水化物 0.1g 食塩相当量 18.5g

塩丸いかの歴史

最初はおまけだった!?

中部地方では古くから「塩の道」と呼ばれる交易路が発達していました。塩を運ぶために、日本海、太平洋それぞれから巡らされた道です。
塩は当時貴重なものでしたが、なにか漬け込んで一緒に運んだほうがより商品価値を高めることができます。そのため、江戸時代中期から塩丸いかが作られるようになったと言われています。
塩自体を交易する際の副産物として生まれた塩丸いかですが、その美味しさと保存性の高さから重宝され、長野県で根付いていったようです。

昔ながらの美味しさの秘密

水城漬物工房の塩丸いかは、「あ、懐かしいな」と感じる故郷の味をご家庭に届けるために、ボイル後の皮剥きから塩詰めまで、昔ながらの製法を守り一つ一つ手作業で作られています。
いつまでも変わらない昔ながらの美味しさをお約束します。

どうやって食べるの?

塩丸いかレシピのイメージ

下ごしらえ

1.
いかは足を抜き、口と目を取り除き水洗いする。
2.
少し塩を入れた水へ、いかの胴を切らずに入れ、味を見ながら2~3回水を替える。目安は2~3時間ぐらい。
3.
好みの塩加減になったら、いかの水気を切って料理に。

おすすめアレンジ

  • 画像:粕あえ

    粕あえ

  • 画像:酢の物

    酢の物

  • 画像:塩焼きそば

    塩焼きそば

  • 画像:いかめし

    いかめし

ご購入の方には、おすすめレシピをプレゼント中!

画像イメージ:オススメの組み合わせ

オススメの組み合わせ

塩丸いかはシンプルな味付けなので、一緒に食べるものを変えることで楽しみ方の幅を大きく広げることができます。お茶請け、おつまみなどそれぞれのシーンに合わせたおすすめの組み合わせをご紹介します。

こちらの商品もお勧めです

ショッピングガイド

お支払方法

【先払い】
  • クレジットカード決済
    決済手数料無料
  • コンビニ
    決済手数料無料・店頭端末での番号入力方式)
  • 銀行ATM
    (振込手数料はお客様負担)
  • ネットバンキング決済
    (振込手数料はお客様負担)
  • 銀行振込楽天銀行
    振込手数料無料
  • 楽天ペイ
    振込手数料無料
【代金引換え】
  • 代金引換え
    (商品代金が5,400円未満の場合、代金引換え手数料151円をご負担ください)
【後払い】
  • コンビニ決済
    決済手数料無料・バーコード決済)
  • 郵便局
    (振込手数料はお客様負担)
  • 銀行決済
    (振込手数料はお客様負担)

送料

商品はクロネコヤマト宅急便でお届けいたします。

本州
常温1,100円
冷蔵1,320円
冷凍1,320円
北海道・九州沖縄
常温1,584円2,024円
冷蔵1,804円2,244円
冷凍1,804円2,244円

※商品代金10,800円以上で常温分の送料1個口分無料(クール便:別途220円)冷蔵・常温便と冷凍便の2個口以上になる場合は、2個口目以降は規定の送料をいただきます。注文確定のメールで正確な送料をお知らせいたします。


梱包

※「冷蔵便利用商品」、「冷凍便利用商品」を同時にご注文いただいた場合、お届け先が同じでも送料は2個口分となります。
※日本国外への発送をご希望のお客様は、お電話にてお問い合わせください。


熨斗(のし)・包装

当店では、ご利用シーンに合わせた各種ご注文を承っております。
用途に合わせたギフト包装(お箱代216円)及び熨斗(のし)のご用意をいたします。


定休日

毎週木・土・日曜日、祝日


ページトップへ